トイレンズを楽しむ。おもしろい。

25mm F1.2 トイレンズ オリンパス E-P1 (Cマウントアダプタ装着)

トイカメラ・トイレンズはその名の通りオモチャのようなカメラ・レンズです。プラスチック製のものが一般的ですが 最近ではミラーレスカメラでもトイレンズが楽しめるようになりました。御紹介するのはHOLGA(ホルガ)と同じ中国製ですが プラスチック製ではなく鏡胴回りは合金製で絞りもフォーカスも付いており、流行っているHOLGA(ホルガ)とはまた雰囲気の違うレンズです。さて、それぞれの描写を掲載しましたので是非御覧ください。

 

→Cマウントを各種に変換するマウントアダプタはこちら

 

マイクロフォーサーズ機にCマウント アダプターを介して25mm F1.4 トイレンズをつけて撮る。

 

25mm F1.4 トイレンズはマイクロフォーサーズ機との組み合わせが丁度良く、周辺光量落ちも適度で 近接で写真を撮ると雰囲気のある写真が撮れます。ブログ等で個性的な写真を掲載したい方にはおススメかもしれません。

適度に絞ればぐるぐるボケも周辺に向けて少なくなり、絞りはF1.4からF8まで様々な描写が表現できます。 また、同梱されている5mmのマクロリングを利用するとマクロ撮影(近接約20cm)が可能となります。更に 寄りたい場合はCマウント エクステンションキット(接写リング)を利用する事で可能となり、これはCマウント レンズ全般でマクロ撮影に有効です。

 

マイクロフォーサーズ機にCマウント アダプターを介して25mm F1.2 トイレンズをつけて撮る。

25mm F1.2 トイレンズ オリンパス E-P1 (Cマウントアダプタ装着)

こちらはF1.4のタイプと容姿も大分違います。とても小さくマイクロフォーサーズ機との組み合わせは 女性にもおススメです。描写は開放(F1.2)で撮ると距離と被写体によっては周辺がぐるぐるボケて幻想の世界が楽しめます。 この現象はF1.4のタイプより顕著に現れます。

 

 

ちなみにこの2種のレンズはSONY NEX-5、SONY NEX-3では丸くケラれますので マイクロフォーサーズ用レンズとして特におススメいたします。SONY NEX-3、SONY NEX-5、SONY NEX-C3等 で楽しみたい方へはCマウント 35mm F1.7 トイレンズ(マクロアダプター付) を御用意しています。

このような描写はパナソニックのLumix G1の発売を皮切りにCマウントオールドレンズがマニアの間で流行り出し、これは その描写に似ています。オールドレンズはカビ、キズ等も気になり、手に入れる事も中々難しいものです。 まずはトイレンズを使って気にいるようでしたらオールドレンズに手を出すのもいいかもしれません。

35mm F1.7 トイレンズ SONY NEX-3 中遠側(Cマウントアダプタ装着)

35mm F1.7 トイレンズ SONY NEX-3 近接側(Cマウントアダプタ装着)

 

最後に35mm F1.7 トイレンズの御紹介です。 描写は25mmシリーズほどぐるぐるボケはしないですが強い光が上から降り注ぐ状況、逆光ではコントラストもさがり フレアが発生しやすくなります。慣れれば逆に雰囲気のある写真が撮れます。

SONY NEX-5、SONY NEX-3でもケラれる事もなく普通に撮れます。35mm換算で約52mm程度なので スナップ用に普段持ち歩くには丁度いいのではないでしょうか。

 

→Cマウントを各種に変換するマウントアダプタはこちら

 

コメントは利用できません。